こんにちは。
心理カウンセラーの
小野スタイルです。
 
 
あなたは自分のことが好きですか?
 
以下の3つから一つ選んでください。
 
①大好き
②たぶん、というかあまり考えたことがない
③好きじゃない
 
 
ありがとうございます。
これから書く内容があなたにとって
少しでも実りのあるものになれば嬉しいです。
 
①、②を選んだ方も
周りに③を選びそうな友達がいたら
その方へのサポートに役立つかもしれません。
お時間があれば読んでみてください。
 
 
今回はテーマから発表します。

「自分のことを好きになれないあなたへ」

 
今回のテーマには僕も並々ならぬ思いがあります。
 
いつかしっかり書こうと思っているのですが、
僕も自分のことが大嫌いでした。
 
 
だから、これからここに記載していくことは
かつての僕に、、
そうだな、大学生だったころの僕に
伝えるような気持ちで書いていきます。
 
どうか届きますように。
 
 

「人生灰色チェックシート」

 
あなたはいくつあてはまりますか?
 
□自信が持てない
□決断ができない
□行動ができない
□決めたことが続かない
□自分を責めてしまう
□自分にがっかりする・イライラする・情けなくなる
□いつも頭のどこかに不安がある
□他人と自分を比べてしまう
□他人の目が気になる
□否定が怖い
□目立ちたくない
□普通でありたい
□何度も嫌なことを思い出してしまう
□落ち込んでいる期間が長い
□褒め言葉を受け取ることができない
□朝起きるのがつらい
□頭がすっきりしない
□人にやさしくする余裕がない
□自分の意見や気持ちがよくわからない
□自分を価値のない人間だと思ってしまう
 
 
さて、あなたは20個のうちいくつあてはまりましたか?
 
 
このチェックシートを大学生のころの僕にやらせたら
間違いなく20個すべてにチェックがつきます。
だって、大学生の時の僕の経験・感情をもとに作ったチェックシートですから(笑)
 
大学生の頃の僕が22歳だとして、
あれから小学校2回分の年数を過ごして、
今に至ります。
 
僕は今自分のことが大好きです。
うまくいかないことも、
できないことも、
悔しいことも、
たくさんあります。
 
だからあなたも大丈夫です。
 
 
あなたの人生も
あなた自身も
自分を好きになることでもっと輝くのです。
 

「自分を好きになるということ」

 
 
「自分を嫌いだった人」しか、
自分を好きになったあとの世界の
「美しさ」を語ることができません。
 
体験をしないとこのギャップをつかむことができないのです。
 
ということで、
自分のことを好きになれないあなたには
少し信じられないかも知れませんが
僕の今いる世界について伝えたいと思います。
 
「あなたは、特別でしょ」とか
「抜け出せたあなたはいいよね。うるさいよ」とか
そう思う気持ちもわかります。
 
でも、このくらいには「なれる」という基準を持っていただきたいのです。
 
僕が保証します。
僕くらいにはなれます。
 
僕は自分を好きになろうとして、
好きになり、今のようになっています。
天然でやっているわけじゃない。
学んで、コツコツ行動してこうなっているのです。
 
もちろん、100人中100人に僕の文章が届くと思っていません。
でも、「自分のことが嫌いで、世界に絶望したカウンセラー」はいくらでもいます。
僕でなくその人の言葉が届くかもしれません。
あなたが輝く道はどこかに絶対あるのです。
その道の足がかりがここにあったら嬉しいです。
 
 
それでは、書いていきます。
自分を好きになると
 
・毎朝起きるのが楽しみになります
・どんな経験からも学べるようになります
・なぜかいつも幸せと思うようになります
・落ち込んでも回復が早いです
・ピンチになった時に「大丈夫。いつも壁を乗り越えてきたじゃないか」と
 思えるようになります
・人を許すことが得意になります
・笑顔が多くなります
・いい人にばかり出会うようになります
・多くの人から応援してもらえるようになります
・感情に振り回されなくなります
・心が穏やかになります
・不安を感じることが少なくなります
・世界のカラフルさに感動します(この感覚は人生が灰色だった人しかわからない)
・様々なものにありがたいと思うようになります
・モテるようになります(これ本当にすごい!!)
・自分のダメなところを受け入れるようになります
・自信を持てるようになります
・見た目もよくなります(周りから褒められるようになります)
・ラッキーだな。って思うことが増えます
 
どうですか?
すごいと思いませんか?
 
つまり、「自分を好きになる」ということだけで
人生は逆転するのです。
 
青白い顔で天然パーマを恨んで
コンプレックスを憎んでいた
大学生の頃の僕が
今の僕を見たらきっと「いいね。がんばったね」って
言ってくれると思うのです。
 
 
もう少しまとめて話しますね。
「自分を好きになる」ということは
「自信を持つ」ことの前提条件であり
「自信」はこの世界を生きるための土台となります。
 
この「自信」という土台の上は
本当に居心地がいいです。
 
 
友人のAさんは資格をたくさん持っていました。
専門家くらいの知識があります。
そして、いつか自分で資格を活かし起業したいと話しています。
でも、行動には移せていない。
 
さて、Aさんには何が足りないでしょうか?
 
 
僕は、自信だと思います。
「度胸!勇気!ビジネスパートナー!」とか
いろいろ上げられると思いますがこの記事では許してください(笑)
つながりが悪くなるので。
 
今になって思えば、
「自信」はこの人生のスタートラインであり、
自信を持てたとき、
本当の小野将彦(小野スタイルの本名)になれた気がしました。
 
あなたは「あなたのことを好きな人」と「あなたのことを嫌う人」、
どちらに力を貸したいですか?
自分の身体の中でも、同じことが起こっています。
あなたが自分自身を嫌うと、、、
言わずもがなですね。
 

 

「自分を好きになれない人の特徴」

 
なんで僕は、こんなに自分を好きになれないのか?
自分を信用できないのか?
 
心理学を学んでもなかなか納得いく回答に出会えませんでした。
 
 
そんな時に出会った「小さなコツの専門家 野澤卓央さん」。
野澤卓央さんの簡潔な一言が、
僕の心に染みてきました。

 
野澤卓央さんは
「自分を好きになれない人にはある特徴がある」と言います。
 
なんだと思いますか?
今から90秒、考えてください。
 
更に
「自分を好きになれない人はね、
他に好きな人がいるんだ。
だから自分を好きになれない」
 
”他に??他にってどういうこと?”と
心の中で思う僕に(まあ実際には他にもたくさんお客さんがいたのですが)
野澤卓央さんは続けました。
 
 
「自分を好きになれない人はね
理想の自分が大好きなんだ」
 
 
いかがですか?
 
 
伝わりましたか?
補足しますね。
 
 
例えますね。
トムクルーズになりたいBさんがいたとしましょう。
Bさんの理想は、
「まるでトムクルーズのような自分」です。
 
甘いマスク、クールな仕草、どんなピンチも
智慧と技と肉体とわずかのラッキーで乗り切る。
もう男性も女性もメロメロです。
 
 
比べてください。
 
 
理想の自分 = トム・クルーズ
  ▲     ▲
  ▼     ▼
現在の自分 = 日本人・会社員・モテない
 
 
 
無理ですよね。
太刀打ちできないんです。
 
「理想の自分」が大好きということは、
「現在の自分」を見たときに
足りない点ばかりが見えてきます
 
欠点ばかりに焦点が当たれば
当然「いいところ」が見えなくなり
自分を好きになにくくなります。
 
じゃあどうすればいいか?
 
解決方法を後編として書いていきます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください